So-net無料ブログ作成

取り調べの違法一部認定 大阪高裁(産経新聞)

 検事が違法な取り調べをしたとして、傷害の非行事実で保護観察処分を受けた男性=処分当時(19)=と国選弁護人が、計660万円の国家賠償を求めた訴訟の控訴審判決が27日、大阪高裁であった。岩田好二裁判長は、国に対して男性と弁護人に計66万円を支払うよう命じた1審京都地裁判決を変更、弁護人の請求を棄却した上で取り調べの一部は違法と認定し、男性に22万円を支払うよう命じた。

 1審判決は、検事が「弁護人は弁護士になって1年もたっておらず、(男性が)かわいそう」などと述べた発言について「弁護人依頼権の侵害で違法」と認定したが、岩田裁判長は「単純な悪口で、弁護人との信頼関係を損なうこともなかった」と判断した。

 一方、別の検事が机をけり上げたり、「とことんやったる」と述べたりしたことは1審判決を支持し、違法と認定した。

【関連記事】
取り調べに光、圧巻の心理戦 ドラマ「落としの金七事件簿」
取り調べに問題29件 監督官制度で警察庁発表
「人質司法」「調書裁判」欠点克服の契機
検察側、取り調べ録音テープなど開示 「狭山事件」で
重大事件に絞った導入も 取り調べ可視化で千葉法相

女性アナ派遣見送り サッカー南アW杯(産経新聞)
高齢者住宅業界のレベルアップ目指す―経営者協議会が発足(医療介護CBニュース)
福祉施設の85歳入所者に暴行、介護福祉士逮捕(読売新聞)
「種牛ビジネス」精液は高値取引(産経新聞)
47歳男と娘に逮捕状 千葉・男性刺殺 強盗殺人、放火の疑い(産経新聞)

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。